ひとりといっぴきぶろぐの(仮)

40代なかばで上京してしまったフリーターでイラストを描く人のぶろぐ。

病院送りむちむち

先週あたりからまたちょっとむちむちさんの調子が悪かったので

今日は越してきて初めて動物病院に行ってきた。

 

前の病院で多めにもらっておいたお薬をあげてたんだけど、あげた翌日でも

ばーっともどしてしまう…というような事が3回ほど続き、ごはんを

食べたそうな素振りをみせるも食べず、ひたすらうとうとと寝ている。

 

 

引っ越し数ヶ月前お腹の調子は相変わらず今一つで、消化器用とか

アレルギー用とか療法食をあげてたけど、また他のフードを

探してみるべきでは…と思っていたところ、たまたま

ピュリナのグレインフリーのキャットフードのバナーを見て

(ササミを食べると調子が良いから、穀物不使用とか良いかも)

と見に行くと、ワンコインでお試し!という太っ腹な企画が

あったので早速購入。

 

するとこれを食べ始めてからすっかりお腹の調子は良くなって、

毎日コロコロな名作を生み出すようになった!

今までの苦労がウソのよう…本当に良かった。。

 

ピュリナ ワン キャット グレインフリー チキン 1.6kg

ピュリナ ワン キャット グレインフリー チキン 1.6kg

 

味も好みなのかよく食べるし、お値段も手頃なので嬉しい。

これで高齢猫用とか出てくれればもっと嬉しいんだけど!

 

 

…という風にお腹の調子は改善されていたので、今の薬をこのまま

続けていいものかどうか、一年以上続けているので副作用の心配も

あったのでその辺も相談したかった。

 

 

徒歩5分ほどのところに小さな動物病院があったものの、こちらはカード

が使えない。治療費がいくらかかるのか予測できないのでちょっと

難しいなと思い、歩いて10分ほどのところにある動物病院に行く事にした。

 

血液検査と皮下点滴、吐き気どめなどを処置してもらい、先生に丁寧に

説明もらって、これからの治療の方向を考える事ができて良かった。

 

隣で待っていた初対面な犬ユーザーさん同士が、あっという間に

自分の子供の話にまで展開して親しくなる様子に震え上がりつつ…

 

 

帰ってからは、皮下点滴で重たくなった体によろよろしながら

その後膝の上で丸まって寝ていたけど、昼過ぎにふと目を覚ますと、

なんだか「覚醒した!」様なくっきりとした顔をして、それが自分でも不思議…

という風で困惑気味にきょときょとすると、ごはんコーナーに行って

カリカリと美味しそうにごはんを食べ始めた。

 

 

良かった…(´;ω;`)

 

点滴で減っていた物をおぎなったのと、吐き気どめのおかげでごはんが

食べられるようになったのか。

 

自力で元気になれるのが一番良いんだけど、なんせ小さい猫なので

薬ででもなんでも、元気で食べて寝てくれるのが一番嬉しい。

 

 

f:id:mapi_am:20181208171120j:plain

そうたとえツチネコでもね!

 

 

 

2019/1/27

その後便秘&嘔吐気味になったので食事を改善

mapi.hatenablog.jp