どうぶつ病院とむちむち。

昨日はお薬と定期診断の為、夜どうぶつ病院へ。

 

キャリーバッグに入れると、格納庫に収まるようにすっと

香箱スタイルになり準備OK!なむちむち。わかってらっしゃる。

 

待合室のイスはすべて埋まり立って待っている方もいて

ここ2ヶ月ばかり通ってるけど、一番患者さんが多かった…

 

しかし隅の方が開いてたのでひっそり座っていると診察室から

「ウー…グフー…ウー!」猫の唸り声。

 

横にいた犬がフンフン鼻息をさせていたのが気になったのか

ごそごそとキャリーの中で向きを変えて、様子を伺うむちむち。

 

時々覗くと隙間から外を見て、人の姿にビビったり

もりもり隅に顔を突っ込んで出ようとしてみたり。

 

 

人も少なくなって、そろそろ呼ばれるかな〜という頃には

1時間以上が経過していた。

 

大丈夫だろうか?とソッと中を覗くと…お尻を少し横にずらして

前足にあごをのせる。というくつろぎのスタイルで軽く寝ていた。

 

 

寝ている。だと…Σ(゚Д゚;)

 

 

この辺の臨機応変具合はさすがというか…(;´∀`)

 

 

診察自体は体重を測って、お腹あたりを触診してというだけなので

あっという間に終了。

 

優しい先生や診察室にも少し慣れたのか、いつもの様に

ぺたーんと平らにはなってるけど、ぷるぷる震えてはいなかった。

 

体重は前回と変わらず2.5kg。

 

 

f:id:mapi_am:20171121110209j:plain

手すっぽり収納型なむちむちさんの香箱。

胸元やお腹の毛はなぜか少し毛先がくるっとしてるんだよねー

…ふわふわでかわいい(*´Д`)←親ばか

 

f:id:mapi_am:20171101142804j:plain

スピー