読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1ヶ月経過むちむち。

むちむち

保護してほぼ1ヶ月。

 

また病院に行って、おなかのむしさんとさよならするおくすり

(気持ち悪いのであえて可愛く述べてみる試み)を飲ませてもらったむちむち。

 

どれくらいでいなくなるんだろう?と思ってたけど、翌日から

すっかりいなくなった様子。ばいばい、むしさん(・・)/~~~

 

 

鼻水・くしゃみの粉薬ももらったので、ごはんにまぶして…あげてたけど

どうも食べ残るので、途中からおすすめされたスポイト方式で水に溶いて

口の端っこからチューっと飲ませていた。

 

それでもなかなか良くならず、ブシュッ!とくしゃみをしてはブバッ!と

鼻水が出る。といった具合で、鼻が塞がるのでぷすーぷすーいっていて

苦しげ。

 

外にいた頃から鼻はグズグズしていたので、なにか慢性的な病気なのかも…

また病院かなー と思いつつ最後の薬を飲ませたら、そこでピタッと止まった。

 

えっ!?なにそれスゴイ。。(;・∀・)??

 

 

 

部屋をうろつく事もなく、行動範囲は玄関から台所、部屋の入口付近のベッドのみ

だったけど、虫さんの件もあり夜は台所のダンボール箱で寝てもらっていた。

 

でも駆除も済んだ事だし、寒くもなってきていたので夜も部屋に入れるように。

 

ちょうど猫ベッドの横にふとんを並べる形になるんだけど、それでも特に

興味なさげに夜も猫ベッドで寝ていた。

 

しかしある夜ふとんに入って本を読んでいて、ふと寝返りをうって猫ベッドの

方を向くと、寝ていたむちむちがふいにスクッ!と立ち上がり枕元へ。

 

枕の角にスリスリすると半身をのせてどかっと座り、鼻先1cm程の距離で

じっと見つめてくる。ち、近い…

 

なでるとグルグルいってそのまま傍らで寝ていた。

 

なにきっかけなのかは不明だけど、少しは心を許してくれたんだろうか?

 

 

f:id:mapi_am:20161029101017j:plain

単に寒いだけ?

 

それともただのお布団好き…

 

f:id:mapi_am:20161101154228j:plain

ふとん、たたませない…と死守するむちむち。

 

野良時代の様子だと、ごはんをねだったり愛想良くするのは得意だったけど、

懐いたり甘えたり…という様な事は勝手がちがうらしく、なんだかぎこちない。

 

上記の様にふいに懐きたくなる瞬間もあるみたいだけど、そのへんは

かなり気まぐれ。

 

 

すんなり暮らしている…ように見えても、どこか緊張している様な時もあって

宅配の人が来るとさっと机の下奥深くで小さくなったり、何気なく伸ばした

電気コードにビクッとしたり。

 

ほとんどはぐーぐー寝てばかりだけど、生活が一変したのだからやっぱりどこか

警戒心やストレスがあると思うので、構いすぎないように気をつけている。

 

 

最初は私が立ち上がる度にやたら欲しがったごはんも、適切な量に収まってきた。

でもなぜかごはんがあっても、私が立ち上がると「ごはん?ごはんなの?」って

感じで起き上がってごはんを食べに来る時もある。

 

 

「パブロフの猫」状態。。(;´∀`)

 

 

タビちゃんは置き餌だったので、むちむちさんも置き餌で…と思ったけど

置いておくとなんだか食が進まなさそうにしているので、まずは1日3回くらいの

ペースでカリカリをあげている。

 

適量食べるようになったので、徐々に置き餌方式にしたい所。

 

 

しかしお腹を壊し気味なのが気になる。。具合悪そうって事もないんだけど。

 

広告を非表示にする