意不超短編

賽の河原猫和讃

地獄の河の岸辺では 亡者達が猫缶を詰むと猫があらわれ、なにもせずただそこにいて毛繕いをしたり、ごろごろしているだけだがなぜか、癒されるという… 一缶詰んでは 猫のため二缶詰んでも 猫のため何缶詰んでも 猫のため… <缶>

いつか、何かが入るかもしれない入れ:食パン

意不手芸 「いつか、何かが入るかもしれない入れ:食パン」 いつか、何かが入るかもしれない。という永遠のポテンシャルを秘めた袋。 いつか何かが入ったら、そっと蓋を閉めてなにかを大切に保管してほしい。 それにしても縫い目曲がりすぎである。

意不超短編ミクスド童話

ある晴れた昼さがり おじいさんとおばあさんが いちばへ続く道 おじいさんは芝刈りに 荷馬車がゴトゴト おばあさんは洗濯に 子牛をのせていく おばあさんが洗濯をはじめると かわいい子牛 売られていくよ 上流から大きな桃が 悲しそうなひとみで 見ているよ …

MiiSF超短編〜きなこ餅は電気。〜

Miitomoをプレイしているmapiだったが、相変わらずフレンドゼロで ランク1、ファッションは下着にスウェットなのにランク7。 という退屈な毎日を送っていた。 そんなある日バイトに赴いたmapiは、休憩中「おみやげどうぞ」と置かれていた 菓子の箱をばりばり…

オムナポリタンMii

2016年、自宅で作られたオムナポリタンに謎の生き物が写り込み その真偽を巡って論争や騒動が起きた。 写真に写った生き物は小さい人の姿をしており、生意気な帽子 パフスリーブのリボン付きブラウスにダメージジーンズ、猫のパンプス。 というチグハグな格…

意不DNRDあらすじ編

近未来。 人々は人工知能DNRD、通称「ドナルド」により 管理され快適な暮らしを享受していた。だがある日、ドナルドに一片の異物が 混入した事から歯車が狂い始める…迷走を続けるドナルド。 ついに昼マックも廃止されてしまう。困惑し、お腹をすかせる人々の…

どうぶつ黙示録〜ハッピーホームデザイナー超短編

上京し某森で暮らし始めたどうぶつ、くるぶしは 家具をあつめ、綿毛をとばし、コーヒーを飲む。 という自堕落な日々をおくり、借金は膨らむ一方だった。そんなある日、ホームデザイナーを名乗る謎の人物 まぴをが現れ、借金を帳消しにする方法が あると持ち…

意不ハッピーホームデザイナー超短編

近未来。人類最後の米は、一部の上級国民によって 管理されていた。某森の一般どうぶつであるトキオは 清掃員として潜入し、地球に米を 持ち帰るべく画策するのだが… 人類は再び米を手にすることができるのか… 米をかけた最後の戦いが、今…幕を開ける! to be…

意不はてながハイクを続ける理由超短編

「ユーザーもいない、知名度もない。儲かるわけでもない…そしてスパムも。。」 「いったいどうして…どうしてはてなはハイクを続けるの!?」 「……はてなは、オレたちが最後の一人になるまでハイクを続けるつもりなんだ。」 「ハッ!あなたは…いったいどこに…

穴短編〜意不昭和推理編〜

「私は、娘が消えた謎の鍵は「かしこ」にある考えています。」「…というと?」 「他の手紙を見ると、すべて終わりは「あなかしこ」と 結ばれている。だが、この最後の手紙は違う…」「「あなかしこ」と「かしこ」…つまり、「あな」が 消えておるわけですな。…

穴短編〜意不昭和編〜

……前々からこの穴は、猫がくぐるにぴったりな 大きさだと心密かに思うていたのです。 そして今日通りかかりますと、お尻としっぽが 穴にすーっと消えてゆくではありませんか! その瞬間の、わたくしの心持ち…… お分かりいただけるでしょうか? 否!否! これ…